cedricとお散歩

ちょっとお間抜けなセドと一緒の幸せ青空

08-20

2014

  甲子園・・・出会い





 安定して猛暑のセド地方。今朝も朝から よい天気。
 
 6時前には超ショート・タイムのお散歩が終わり、お楽しみブレック・ファースト・タイムも
 終っちゃって、『アッチに行ってなさい」ばかりのセドくんです。

 今日は 東京代表 残る1校二松学舎VS沖縄尚学。

 スポーツ完全・全く興味無しのセド家ですが、遡ることウン十年前の夏、スポーツ音痴の
 セド一族の甥が甲子園代表の一員になったのが、最初の出会い。

 違った! 更に遡ること 20年程・・・・。
 中学の同級生が 法政二校に進み、夏の代表になって カンパの依頼が
 あったんだっけ・・・・。

 で,甥なんだけれど 全く下馬評にも挙がらず、1回戦で帰ると 皆思っていたのに、
 予想外の進撃!
 私は 例年の様に河口湖で夏休み。
 
 その年は 後々話題になった、ゴジラ松井の5打席敬遠。
 そんな事で 早々に姿を消した石川星稜高校・・・・・・・。

 この番狂わせで 甲子園も迷ったか?! 番狂わせが続き、
 今日は 負けるか、今日こそ負けるかで 結局 決勝戦!

 一族には珍しい小柄の甥は 守備はキャッチャーで、防具(?)を着けると
 まるで 昆虫の様・・・(笑)
 当然 家族も関係者達も 想像だにしていなかったから、1戦勝利してはカンパ。
 応援の人達が 深夜の列車をチャーターして行って下さるので、そのチャーター費、
 その方達の宿泊の手配と費用、当然選手の家庭では大変だから、卒業生他
 親達の勤務先迄 カンパを募り、甲子園の大変さで 夏休みなのに、
 河口湖のクラブから一歩も出られず、毎試合観戦しながら 緊張感で気分が悪くなる始末。

 クラブの従業員は、部屋から出ず 小さなテレビに齧り付く私達を不審がり、
 「本当に 野球がお好きなんですねぇ」と呆れられ・・・・。

安静デス

 で,決勝戦。相手校が何処だったか?もはや忘却の彼方に消え去りましたが、
 負けました。
 準優勝。これも記念品の作製の予約、応援して下さった方々へのお礼のお土産の手配等々、
 負けても忙しいのです。
 優勝校と準優勝校が 一列に並ぶセレモニー。
 もたつく甥は 依然昆虫姿。
  真夏の甲子園の空の下、幼顔が並ぶ光景だけは 記憶に残っています。

 スポーツ工学の道に進んだ甥は すっかりオッサンになっていますが、
 貴重な夏休みが フイになった事だけは、たしかです。

 ただ今 二松学舎は、4点を逆転,5-4。Good game!!

スポンサーサイト

TRACK BACK